【ビリーフチェンジセラピー】

繰り返される悩みを根本から解決!

「ビリーフチェンジセラピー」とは、心理学の技法であるNLP心理学、ゲシュタルト療法、再決断療法、交流分析などをもとに、心理療法家の棚田克彦先生が確立した効果的な心理セラピーです。

何度も繰り返される悩みの根本的な原因(ビリーフ)を見つけ、それを書き換えていくことによって、人によっては1時間程度のセッションを受けただけで、悩みに伴う辛い感情や症状がすっと楽になり、悩みそのものが解決してしまうこともあります。

『4C-RANCH』では、佐賀県で唯一、この「ビリーフチェンジセラピー」をご提供しています。

「生きづらさ」を感じているあなたへ

 ・「(いつも)恋愛がうまくいかない、結婚できない・・・」

 ・「(いつも)がんばっているのに、仕事で結果が出ない・・・」

 ・「(いつも)人間関係でつまずき、孤立してしまう・・・」

 ・「(いつも)子どもを過剰に叱ってしまい、後で自己嫌悪・・・」

 ・「(いつも)肝心な時になると、体調を崩してしまう・・・」

あらためて自分の人生をふり返ってみると、なぜか、いつも似たような悩みや失敗を繰り返している・・・。あなたは、そんなふうに感じたことはありませんか?

「だって、それは私の性格のせいだから・・・」「いつものパターンだから・・・」 ・・・「仕方ない」のでしょうか?「治らない」のでしょうか?

いいえ、違います。

あなたが子どもの頃、無意識に取り入れた「思い込み」が原因なのです。これを「(リミッティング)ビリーフ」とも呼びます。

 ・「私はダメな人間だ」

 ・「ありのままの自分では愛されない」

 ・「人はすぐに裏切る。信用できない」

 ・「世の中は危険なことばかり。安心できない」

 ・「私なんて消えてしまえばいい…」

心のどこかにある、こんなネガティブな想い。こうした「ビリーフ」は、生まれた時からあなたの中にあったものではなく、誰か(主に親や養育者)の助けなしには生きられなかった「子ども時代」に作られたことがほとんどです。では、なんのために?

それは、親や養育者から「愛されるため」、そして、この世界で「生き延びるため」に自らが無意識に作り出したもの。まぎれもなく、ただ「生きたい」という生物の本能なのです。

でも、そうして無意識に心の中に取り込んだビリーフは、自分で気づかない限り、ずっとあなたの心の中に存在し続け、あなたの行動にも影響し続けます。たとえば、こんなふうに・・・

 ・「(ビリーフ)ありのままの自分は愛されない」→「(行動)過剰な努力をする」

 ・「(ビリーフ)人は信用できない」→「(行動)裏切られる前に自分から去る」

 ・「(ビリーフ)世の中は危険だらけだ」→「(行動)目立たないように生きる」

ビリーフが行動のパターンを作り、それを繰り返すことによって、あたかもそれが自分の性格や人生そのもののようになっていくのです。(これをビリーフチェンジでは「人生脚本」と呼びます)

でも、ビリーフは「生まれつき」ではなく、「(無意識に)自分で作りだした」もの。・・・・もうお気づきですよね?自分で作ったのだから、自分で手放したり、統合したりできるんです!

それをお手伝いしていくのが、「ビリーフチェンジセラピー」です。

あなたが子どもの頃に決めた「ビリーフ」を元にどんな「人生脚本」を作り、今もなお、それに忠実に生きているのか?大人になった今、どのビリーフが生き辛さの原因になっているのか?…を正確に特定し、今の自分が望む人生脚本を自由に描けるようになる事。これを1回、もしくは数回のセッションで目指していきます。

*ビリーフチェンジセラピーの詳細や24個のリミッティングビリーフについてはこちらをご覧ください。

*クライアントさまのご感想集はこちらをご覧ください。

【ビリーフチェンジセラピーの流れ】

 初回カウンセリング(約90分)8,000円 

 

ビリーフチェンジセラピーのセッションを行う前にクライアント様のお悩みや人生についてじっくりとお聞きし、セラピストがビリーフの見立て(どんなビリーフをお持ちなのかを見つけること)を行います。さらに、クライアント様の心の中で何が起きているのか(心のしくみ)について図解などを用いてご説明します。最後に、セラピストとクライアント様の話し合いで、セラピーの最終的なゴール(どんな自分になりたいのか)の設定を行い、今後の流れ(セッションの回数など)を決めていきます。

 ビリーフチェンジ・セッション(約90分) 

・1回→15,000円

・5回チケット→60,000円

 

空(から)の椅子(エンプティ・チェア)を悩みの対象や人物、幼少期の家族などに見立て、対話をしていくことで、過去に感じきれなかった本物の感情を解放したり、潜在意識にすり込まれたビリーフ(思い込み)に気づき、統合していく心理セラピーです。何もわからなくても、セラピストの質問に答えて頂ければ大丈夫。安心して任せてみてください。

*必要に応じて、クライアント様のサポート役としてアシスタントが付く場合があります(もちろん、クライアント様の了承を得てからです)。別途料金がかかりますので、必要な際はお知らせいたします。

*セッションの回数が多い場合、4~5回目で1度カウンセリングをはさみ、セラピストとクライアント様で一緒に、セッションによる変化の確認や共有、目標設定の修正などを行います。

*基本的にカウンセリングやセッションは、「4C-ランチ」内にある専用のセッションルームで行います。もし別の場所を希望される場合はご相談ください。

ビリーフチェンジセラピーはこんな方におすすめです。

□いつも自信がなく、オドオドしてしまう

□人と比べて落ち込む。劣等感が強い

□ありのままの自分はダメだと思う

□頑張っても頑張っても報われない。結果が出ない

□目標達成まであと少し!のところでいつも挫折する

□人前で話すことが苦手。すごく緊張する

□感情のコントロールができない

□人と親密になれない

□無理に人と親密になろうとして疲れる

□集団の中で「居場所がない」と感じる

□何かを考えようとすると頭が真っ白になる

□はっきりしない体調不良が続いている

□次々と病気やケガ、不運なことに見舞われる

□仕事が続かず、職場を転々とする

□怖いものがたくさんある(恐怖症、強迫性障害)

□消えたい、死にたいとよく思う

この他、いろいろな理由で「生きづらさ」と感じている方、「変わりたい」「幸せになりたい」と思っている方に!!


【心の相談室】

ありのままの私を語ることで気づきと癒しを

否定も批判もお説教もありません。じっくりとクライアントさんのお話に耳を傾ける傾聴型のカウンセリングもご提供しています。プロのカウンセラーに対して思うままに話すことで、自ら問題を整理できて気づきを得たり、辛い感情を受け止めてもらって心が癒されたり、とカウンセリングには大きな効果があります。ご夫婦やご家庭の問題、恋愛のお悩み、ママ友や職場での人間関係・・・など、身近な人には話せないお悩みをお話してみませんか?


【子育て相談室】

 心の相談・子育て相談(カウンセリング)・・・60分3,000円(30分超えるごとに+1,000円) 

 

私たち夫婦は4人の子どもを持つ親でもあります。そのうちの2人で「不登校」も経験しました。子育てに関しても人一倍悩み苦しみ、そんな中で心理学と出会い、自らの問題と向き合って、それを子育てにも活かしたことで、今の私たちがいます。子育ての悩み・苦しみは、私たちにとって決して他人事ではないのです。

もしも、子育てのことで悩んでいる方がいたら、ぜひ私たちにお話を聴かせてください。

*基本的に「心の相談、子育て相談(カウンセリング)」は、「4C-RANCH」にある専用のセッションルームまたは眺めのよいクラブハウス内で行います。もし別の場所を希望される場合はご相談ください。


【子育て講演会】【職員研修】【子育て心理講座】など

 講演会・研修等・・・90分30,000円(交通費込み) 

 

主に唐津市内の保育園や幼稚園、学校などから講演会や研修会の講師として呼んでいただき、4人の子どもを育てた私自身の体験や心理学の知識をもとにしたお話をしています。ワークやグループワークなども交えた体感型の講演会・研修会として、参加者の方々からご好評いただいています。また、家庭教育学級などでの少人数制の子育て心理講座も承っています。

*上記は目安です。詳細はご相談ください。

〈参加者のご感想〉

●参加型の講演会でとても楽しい時間を過ごせました。ただ話を聞くだけでなく、ワークシートを使って他のお母さん方とお話ができ、とても楽しめました。自分のことや家族のことを客観的にみられて、心が少し軽くなったような気がします。

●久々に大当たりの教育講演会でした。グループワークという時点で最初は「めんどくさい!」と思いましたが、進めるうちに今までに経験したことのない初めての感覚を覚え、ものの見事にハマった感じでした。心理学の専門的な知見をわかりやすくお話いただき、さらにグループワークで疑似体験したおかげでより理解が深まりました。


わたしの想い(宮崎くみこ)

〈プロフィール〉

1972年、唐津市生まれ。「ビリーフチェンジセラピー プロセラピスト養成講座」修了。NLPマスタープラクティショナー、初級発達支援コーチ、魔法のしつもんキッズインストラクター。

夫婦で乗馬クラブを経営しながら4人の息子を育て、今では2人の孫もいる【お母さん心理セラピスト】宮崎くみこです。

正直に打ち明けると、数年前までの私は「対人恐怖」がひどく、知り合いに会うのが嫌で、学校行事などにもほとんど参加したことがありませんでした。そして、子どもが4人もいながら、「子どもを他のお母さんのように愛せない…」という深刻な悩みを抱えていたのです。生活や仕事に追われて心に余裕がなく、子どもたちを見るとイライラして自分をコントロールできなくなって、まだ幼かった息子たちに暴言を吐いて追い詰め、時には手や足が出たことも…。そんな中で育った子どもは心が安定するはずもなく、長男と三男には不登校になった時期があります。特に長男は、私たちが乗馬クラブをオープンさせたばかりの頃で、外面だけはよく、人からどう見られるかばかり気にしていた私は、泣いて嫌がる長男の手を引っ張って無理やり学校へ連れて行っていたのです。今思い出しても涙が出るほど、私はひどい母親でした・・・。

そんな私が心理セラピストになっているなんて、自分でも不思議な気がしますが、私自身が子育てで本当に苦しんだからこそ、お母さんたちが相談で話してくれる内容が手に取るようにわかるのです。「自分の子どもを(他のお母さんのように)愛せない」「イライラが収まらない」「怒り過ぎてしまう」。そんな悩みを涙ながらに打ち明けてくれるお母さんたち…。でも、どんなお母さんの中にも「子どもへの愛」はちゃんとあるのです。たとえ虐待をしていたとしても、心の底から平気なお母さんはいないのではないかと思っています。本人も気づいていないかもしれないけど、心の奥底では、子どもを傷つけた分だけ自分も傷つき、苦しんでいるはずなのです。

【本当は子どもを愛している】…実は「愛せない」のではなく、ただ「愛し方がわからない」だけ。そして、そこにはちゃんと理由があるという事を、心理学を学んで私ははっきりとわかりました。

あなたは「インナーチャイルド」という言葉を聞いたことありますか?心理学の用語で、「幼い頃に親から甘えや依存を許されず、傷ついた小さな子ども」のことです。人(子ども)を愛せない人、生きるのが辛い人、人生がなぜかうまくいかない人は、大人になっても心の中にインナーチャイルドがいると言われます。とても傷ついていて、悲しみや恐怖や怒りを抱えたままのインナーチャイルドは、時々「私がココにいることに気づいてよ!」と言わんばかりに暴れてコントロールが効かなくなることがあるんですね・・・。

私のセラピーでは、セラピストが「信頼できる存在」となって、クライアントさんのインナーチャイルドの育てなおしに関わります。私が自分の子育てで経験し、実感した事は、人が成長し、変化していくためには、どんな時でもしっかりと受け入れ、とことん甘えさせる時期も必要だという事。親に十分に甘えを許され、受け入れてもらった子どもは、人や自分自身を信頼できるようになり、自然と自立の道を歩き始めます。クライアントさんも同じです。子育てに悩んだ私だからこそ、いつもブレることのない【母のようなセラピスト】として、クライアントさんの人生にしっかりと寄り添っていきたいと思っています。

ビリーフチェンジセラピーに出会って、私はとても救われました。

だからこそ、あなたにも伝えたいんです。

あなたも絶対、幸せになれるよ。だから一緒にがんばろう…って。

【心】